ワンルームマンション投資をやってはいけない本当の理由

ワンルームマンション投資の本当のところを賛否両論、ネットの意見を100時間以上かけて検証しました。

1.ワンルームマンション投資の節税効果は都合の良いウソなのか?

ワンルームマンション投資の「節税効果」はセールス業者による都合の良いウソなんでしょうか?

 

それとも、多少はお得なんでしょうか?

 

もしあなたが

ワンルームマンション投資の節税効果の本当のところが知りたくて調べているなら、この記事はとても役立つと思います。

 

これから、ワンルームマンション仲介企業のオウンドメディアやステマブログなんかを読むよりはるかに有益なことを書いていきます。

1-1.節税効果は一応本当だけど、言ってないことがある。

まずは良いニュースからですが、業者のいう節税効果というものは、だいたい本当です。

 

さすがに全部の業者が一切ウソを付いていないというとウソになりますが

業者によって計算の盛り幅に多少の違いはあれど、何社か聞いたり、自分で調べたりすれば、おおよそ正しいラインは分かるレベルです。

 

 

1-2.相対的に信頼できるワンルームマンション投資斡旋業者とは?

自社販売の業者はまだ比較的、販売価格もセールストークも良心的で信頼できます。

 

例えば一口にワンルームマンション投資のセールス業者といっても

 

自社販売の業者

自社で土地買って、建てて、新築ワンルームマンションを売って、管理まで全部グループ企業で回すようなところは、まだそれほど販売価格に利ざやも乗っていないし、節税効果とかその辺の話も、変なウソはつきません。

 

中古販売の業者

これが、自社で土地を買って、建ててとできない規模の資本力の業者だと、先の自社販売の業者からまとめて仕入れた物件を売却することになるので、1社余計に間に挟む分、同じ物件でも100万~200万は金額が高くなりがちです。

 

よって、普通に考えてまだ良さそうな業者を選べば

その20代~30代の男性セールスマンの話す、節税効果の話がウソってことはないです。

 

ただし

その節税効果が本当に一番お得かは別ですが

 

 

2.プロはやらないワンルームマンション投資

「節税効果」や「生命保険」代わり程度で満足ですか?

 

まずご存知ないかもしれませんが

 

不動産投資家、中でも脱サラして、月に50万、100万の家賃収入で食べてるプロの投資家たちは、口を揃えて

『ワンルームマンション投資は情弱向け投資、自分なら絶対にやらないと言います。』

Twitterで検索すると多くのそういった情報が出てきます。

 

2-1.ワンルームマンションゴリラとは

体育会系でゴリゴリのラガーマン体型で、髪型はツーブロック、見かけの誠実さ、とにかく勢い、完成されたセールストークで

単純な儲かる儲からないではなく
夢を売る、そして夜は銀座や西麻布、港区で散財する。

そんなツーブロックゴリラに引っかかって、ワンルームマンション投資を始めてしまう、医師や弁護士、公務員といったお堅い職業の人たちは、ガチの不動産投資家たちに死ぬほどバカにされています。

 

2-2.なぜワンルームマンション投資がだめなのか

節税効果もホント
生命保険代わりもホント
年金代わりもホント

 

なら

なぜワンルームマンション投資はダメなのか?

 

それは、せっかく手堅い職業、銀行からの信頼、充分な与信があるのに

ワンルームマンション投資程度で思考停止して満足しているからです。

 

 

2-3.ワンルームマンション投資程度の利益で満足ですか?

ワンルームマンション投資の利回りは奇跡的に良くて2%です。

 

普通に良くて1.7%程度です。

 

この利回り1.7%~2.0%は高いでしょうか?低いでしょうか?

 

では

奇跡的に良いアパートの利回りは何パーセントか知ってますか?

 

実は利回り20%の物件だって、ちゃんと探せば、人脈ゼロでも見つかるのです。

 

利回り20%を超える最高に良い物件を探し出し
事業計画書を自作して、銀行融資を自力で取り付け
サラリーマンでありながら億を超える融資を受けて、土地付きアパートを1棟購入し
その圧倒的な利回り(事業成績)と土地を担保に、更なる融資を取り付け
月々の黒字を着実に積み重ねながら、3棟、4棟と所有物件を増やし
あらゆる諸経費、税金を差し引いた純利益が年に1000万あるような高み
不動産オーナーとしての可処分所得が

1000万円ある、所有不動産の総資産額は億単位もある。

そのような状況を理想とおいている人間からすると

 

利回りはクソ

ちょっと空室が続いたら赤字に転落する。

そもそも事業計画が赤字(だって節税目的だから)

 

赤字のワンルームマンション経営なんて与信にならないから次の融資が難しい

せいぜい2、3棟買ったら打ち止め

 

 

つまり、30年、35年とローンを払い続けて、しょうもない、節税効果、生命保険の代わり程度にしかならないワンルームマンション投資と

 

先に上げた、1000万を超える年収、億単位の資産までいけるかも知れない、銀行融資すら引き出す不動産投資事業

 

どちらがより

 

儲かるのか

早期リタイアの望みがあるかを考えれば、いうまでもない話なのです。

 

3.ワンルームマンション投資で満足なのが信じられない人たち

利回り1.7%と

利回り20%なら選ぶのはもちろん。

 

不動産投資を少しでもちゃんと勉強している人はワンルームマンション投資なんてしません。

 

なぜなら、より圧倒的に時間も手間もかかるし、勉強も必要だけど、とにかく儲かる投資のやり方がある、物件があることを知っているからです。

 

逆に、不動産投資そのものを検討したことがない人からすると

銀行に預けたり、株や証券を買ったり、生命保険で外貨積立なんてするより、よっぽどワンルームマンション投資の方がお得に思えるでしょう。

つまり、ワンルームマンション投資が不動産投資の中で一番儲かる、早期リタイアにつながるといえば、まったくのウソですが

 

ワンルームマンション投資は

節税効果があります
生命保険の代わりになります
年金の代わりになります
というのは
ウソではないのです。

 

3-1.それでもワンルームマンション投資をしたい人たち

ここまでちゃんと読んで理解したうえで

それでもワンルームマンション投資がしたい人もいると思います。

 

・実はもう買っちゃったけど、節税効果が本当にあるのか今更不安になった人とか(大丈夫、あることはあります。)

 

・不動産投資がやってみたい!でも自力で物件探して、事業計画書作って、銀行にアポ取って、スーツ着て説明にいって、説得して融資を取り付けて、物件購入して、管理して・・・なんて面倒くさい!!とりあえずなんかお得そうな物件が買ってみたいだけな人とか

 

・あと地価がすごく上がるかもしれないから、ビッグなドリームを夢見れればそれで良い人

 

そんな人はワンルームマンション投資をオススメします。

世に蔓延る、ツーブロックゴリラ達の飲み代も、夜の経済を回すためには大切です。

 

3-2.早期リタイアを本気で考える不動産投資

ただ、普通に稼ぎたい、サラリーマン大家になって行く行くは早期リタイアしたい。

 

利回り20%の物件を探して
事業計画書を作って
銀行融資を取り付けて
何棟も買い増しして本気で仕事として
不動産投資をやってみたいという人もいるでしょう。

 

または、まずは一棟利回り20%超の物件が本当に見つかるのか、探すだけ探してみたいという人もいるでしょう。

 

4.本気で不動産投資をやるなら何から?

事業として本気で不動産投資がしたい

まずは1棟、利回り20%超えの物件を探して買ってみたい。

そんな人が最初に何をするべきなのか?

まずオーソドックスなのは、関連書籍による勉強でしょう。

 

自力で事業計画を作って、銀行融資を取り付けるなら、知っておかなければいけない常識はかなりあります。

 

ワンルームマンション投資は何にも知らないでも、知らないこと何でもかんでも優しくゴリラさんが教えてくれましたが

 

仕事としてやるならそうは行きません。

 

知っておくべきことを知らなければ、たった一つの応答を間違えただけ、知識がなかっただけで、話が流れることも充分にあり得ます。

社会人の方なら当然納得の話だとは思いますが、社内で新規事業の予算を取る、稟議を通す、その心意気で本気で臨んでください。

 

知識を得る上で、書籍による学習は必要になってくると思います。

オススメの本はネットでいくらでも見つかります。

 

資料請求やセミナーへの参加はどうか?

 

不動産投資の常識を最大効率で学びたい

 

複数の本を比較して、買って読んで、知識を体系立てて整理するのは、ちょっと面倒くさいので、もう少しコンパクトにまとまった、初心者~中級者向けの情報がまずはほしい。

 

のであれば

 

大手不動産仲介業者への資料請求や

大手主宰のセミナー参加はアリです。

 

 

ネットで調べてもあまり有名でないような会社は微妙ですし、地方の土地を買わせて新築のアパートを建てさせるような会社も最悪ですが

 

ちゃんとまともな企業を選べば、かなり効率良く、これから不動産投資をする上でベースとなる知識を入手できます。

 

また、いくら銀行と直接話を付けて金利を安くしたり、登記を自分でやって司法書士代を節約したとしても

見ず知らずの個人から、直接物件を買えるわけがないので、絶対にどこかの仲介業者は挟む必要があります。

つまり、信頼できる仲介業者、担当を見つけることは、あなたが本気で不動産投資をやるなら避けては通れないのです。

 

営業メールやDMが来るのはうっとうしいです。(どの会社でも、当たり前ですが見込み客リストには入るので、何かは気ます。)

 

ただまぁ、ちゃんとした資料を無料で郵送してくれたり、無料で勉強になるセミナーをしてくれるのですから

 

そこは持ちつ持たれつでしょう。

相手も営利企業なのですから多少の営業はしょうがない。

 

 

何はともあれ

 

本にせよ、資料請求にせよ、セミナー参加にせよ、本気で不動産投資をやるなら

利回り20%超の物件を買ってみたいなら

 

避けては通れぬ道です。

 

それか思考停止してワンルームマンションを節税目的、保険目的、年金目的で買うか、です。

 

 

一応ネットの口コミやTwitter界の評判も見ましたが、アイケンの無料の資料請求はなかなか良いようです。あとはシノケンのセミナーも高評価でした。

 

他にもあると思いますが、もし私が、2018年12月の今から不動産投資を始めるなら、この2つはひとまず押さえておくと思います。

 

 

>>> 株式会社アイケンジャパンの無料『資料請求』はこちらから

 

 

>>> 株式会社シノケンハーモニーの無料『セミナー申込』はこちらから

コメント